代表メッセージ

日本母親支援協会
について

代表メッセージ

毎年取り上げられる子殺し事件が
母親支援の仕事のキッカケ

代表理事 柴田 悦治

​代表理事柴田 悦治

一般社団法人 日本母親支援協会代表理事
柴田コンサルタント事務所代表
世界初!!幼児教育コンサルタント
柴田育児アカデミー校長

この仕事を一生の仕事にしようと思ったのは、毎年メディアに取り上げられる子殺し事件です。
自分のお腹を痛めて産んだ子供を母親自らの手で殺してしまうという痛ましい事件がなくなることを知りません。

人を殺すというのは、とても残酷な行為です。
その残酷な行為を愛する我が子にしてしまうというのは、母親にとってもとても悲しいことであるはずです。

しかし、気がついたら結果的に殺してしまっている。

何故、母親がこんなに苦しんでしまうのか?それをなんとか解決することは出来ないのか?

そこから日本の育児を調べ始めたのが切っ掛けです。
そうすると何百年、何千年と続けられてきたはずの育児という仕事がマニュアル化されていない現実が見えてきました。

育児は男の仕事だった

江戸時代は、育児というのは男の仕事だったのです。跡継ぎを育てるために父親が子供に様々なことを教えていたのです。

しかし、高度成長期に入ると、夫は仕事に出かけ妻は育児・家事・買物に専念して家庭づくりに励む、といった核家族のイメージが広く一般化しました。

その時期には男の稼ぎで十分満足した生活が出来たのです。

しかし、不況に入ると男は残業しないと十分な収入を稼ぐことができなくなりました。そうなると家庭の中では妻一人で子育てをしなければいけません。

誰にも教わったことのない育児という大変な仕事をたった一人でこなさなければいけなくなったのです。

母親による子育ての苦難

ここに母親の苦難の道が始まったのです。極端な例は、夫の転勤で見知らぬ地に引っ越しを余儀なくされた母子です。

育児というのは365日休み無しの仕事です。

女性というのは話すことによってストレスを発散できるのですが、知り合いのいない土地、実家も遠いとなれば、毎日言葉の話せない子供と二人過ごすことになります。
ストレスを発散する場がないまま毎日を過ごすということになってしまうのです。

日本母親支援協会として行っていること

先ずは、正しい育児方法の発信。これはアメブロ、facebook、instagramなどを通じて毎日発信しています。

そして、柴田メソッドⓇのテキストの執筆並びに販売。顧問契約を結んで頂いたママたちのコンサルを毎日何十人と交わして悩みを解決しています。セミナーも毎月開催しています。

柴田育児アカデミーというインストラクター養成学校も運営しています。この学校は、育児に悩んでいたママたちが笑顔を取り戻し、育児が楽しくて仕方ない、子供の将来が楽しみで仕方ないというママたちに生まれ変わりました。

才能を引き伸ばし天才に育てることも可能

アメリカの脳科学と発達心理学を元に構築した柴田メソッドⓇで、育児に悩むママたちを救うこと。あれだけ悩み苦しんでいたママたちが、今は生き生きとした笑顔で育児を楽しんでいます。

そして、子供たちもすくすくと自分の才能を伸ばしています。中にはIQ183やIQ170と言ったお子様も出ています。

今は、日本だけでなく世界中に住んでいる日本人ママたちにも広がっています。ママたちが柴田メソッドⓇを学んで育児をワクワクするものだと認識してもらうこと。

そして、世界には天才が2%しかいないのが現実です。でも、赤ちゃんはすべて天才の素質を持って生まれてきています。98%の子供は、その素質を潰されてしまっているのも現実です。

柴田メソッドⓇで育てることによってその才能を引き伸ばし天才に育てることも可能です。一人でも多くの子供たちの才能を伸ばしてあげたいと願っています。

仕事にあたって心がけていること

育児に休日がないのと同様、僕の仕事にも休みがありません。育児は、常に新しい情報が入ってきています。

柴田メソッドⓇを大きな幹として、新しい情報という枝葉をつけることで常に時代の先端を行く育児法に構築しています。

また、土日にも緊急の相談が入りますので、出来るだけその悩みを解消したいと考えています。

悩んでいたママたちが笑顏を取り戻すことが私の仕事のやりがい

やはり、悩んでいたママたちが笑顏を取り戻すことが私の仕事の目的であり、やりがいです。

コンサルのドアを叩くママは、みんな育児に悩んでいました。「子育てがわからない」「どう育てていいのかわからない」「このままでは虐待してしまいそうです」。

そんな危機的な状況にはまってしまって、なんとか助けて欲しいと飛び込んでくるのです。それはもう悲惨な状況のママたちばかりでした。

僕もコンサルをしながらこみ上げる涙を抑えきれずに、なんどもキーボードを濡らした経験が沢山あります。

そんなママたちが、今は育児のコンサルタントとして生き生きと起業しているのです。

もっとたくさんのママたちの笑顔増やしていきたいですね。それと同時にママが笑顔を取り戻すことで子供たちにも笑顔が蘇ります。安心して自分の好奇心を出していけるのです。

その好奇心を両親が満足させることによって子供の知能が自然に上がっていくのです。

子供たちが大人になったときに世界を相手に仕事ができるような才能を身に付けていくことをセミナーでもお話しています。

最後に

育児というのは、天使を育てる仕事です。本来、こんな楽しい仕事はないのです。

しかし、知識がなければ、なんでも難しいのと同様に育児も難しくなります。また、一人で背負い込むと前が見えなくなります。

「育児に正解も不正解もない」という方もいらっしゃいますが、正解はあります。

“正しい育児”を学ぶことで子育てが楽しくなり、また子供の将来にワクワクする気持ちが沸き上がってくるのです。
柴田メソッドⓇを実践しているママたちは、最初は悩み苦しんでいたのです。虐待一歩手前のママも大勢いました。

しかし、顧問契約を結ぶことで心の拠り所をみつけ、悩みを解消していったのです。

そして、本格的に柴田メソッドⓇを学ぶうちに子供たちの目が輝きだし、そのことに気がついたママたちにも自信が蘇ってきたのです。

今は、みんな活き活きと子育てを楽しんでいます。保育園の園長先生や小児科医が見たら「なんて、素直ないい子なんだろう」「好奇心にあふれている」「こんな子供は見たことがない」と褒められています。

その結果、ママたちにも自信が生まれているのです。育児を学ばないのはもったいない!

代表プロフィール

代表理事 柴田 悦治

​代表理事柴田 悦治

一般社団法人 日本母親支援協会代表理事
柴田コンサルタント事務所代表
世界初!!幼児教育コンサルタント
柴田育児アカデミー校長

徳島県生まれ大阪育ち。現在千葉に30年在住。
大学卒業当時、第2次石油ショックの影響で世間は不況の真っ只中。
複数社の面接を受け何とか就職した先は商品先物取引業界。

​その営業ノルマの厳しさは周知の通りだが、持ち前の行動力と粘り強さで
メキメキと頭角を現し、26歳の時に会社500名の営業社員でトップセールス
となり、年収は1000万円を越える。

​しかし、体調を崩し入院した事をきっかけに、これまでの価値観と人生が一変。
人間の幸福には「幼児教育」が大事だと確信し、日々研究に明け暮れ、
ついに自らのノウハウを体系化。

お問い合わせ