相談育児顧問契約

日本母親支援協会
について

何故か早朝に目覚める


顧問契約を始めたばかりのママからある日、こんなご相談を頂きました。
1歳になったばかりの男の子が何故か早朝に目覚めて困っているというご相談です。
0歳の時は、朝は5:30~6:00起床していたのですが、1歳になる少し前から何故か4時45分になると目覚めるというのです。

それを聞いたときに早朝に目覚める理由がすぐに分かりました。

​ご相談者
…中略…
起きる時間がどんどん早まっています( ;∀;)
寝る時間には多少バラつきがありますが、18時に寝ても、19時に寝ても、必ず4時45分に泣きながら目覚めてまして…。
暗い中で落ち着かせて、遊び始めるとすぐ笑顔になるので眠いけど毎朝付き合っている状況です
がこんなに早起きしてて体内時計とかは大丈夫なのでしょうか?気になっています(汗)

​柴田
以前のメールで出生時の事が書いてありましたね。
>出産は、子宮口全開で経膣分娩中に、母体の大量出血により緊急帝王切開に切り替えでした。
息子の心拍も落ちて、うまれて2日間は保育器にいました。
無事に生まれてよかったです。この保育器にいたときのことをお話したことはありますか?

ご相談者
これは、誰に対してでしょう?息子にですか?
ちなみに義両親はこのことを知りませんし、わたしの身内に帝王切開経験者が誰もおらず、当初は無理解に大変苦しみまして…
産後は無理して、帝王切開の傷口が開いて再手術したというエピソードもあります(汗)。それも義両親は知りません。

柴田
もちろん、息子さんに対してです。
これをお聞きしたのは、「必ず4時45分に泣きながら目覚めてまして…。」ということの原因が保育器に入っていたことが関係しているのではないかと思ったからです。
ご経験からもわかるように、親子の相互作用はすでに妊娠中から始まっています。
母親は、お腹の中で着実に成長していく赤ちゃんの存在を、お腹の膨らみや胎動など身体を通して直接的に受け止めていきます。
一方、赤ちゃんは外界の音に耳をすませたり、手足を動かしたりと、安定した感覚体験を楽しんでいます。
胎内にいる頃から母親とのコミュニケーションを楽しみ、母親の心の状態も全身で感知しているのです。
その後、出産を経て、母親と赤ちゃんが出会い、実際のやりとりや世話が始まると、赤ちゃんと母親との関係は急速に深まっていきます。
しかし、それが保育器に入れられることで楽しみにしていた母親とのふれあいが一時断たれてしまったのです。
恐らく、保育器の名が赤ちゃんは「ママはどこ?」と寂しがっていた事が考えられます。
実際、保育器に入れられた赤ちゃんがある日突然お布団の上では寝てくれないということが起こっています。
やはり、保育器に入れられたことがトラウマとなって一人で寝ることが怖くなっているのではないかと思われます。
もしかしたら、太郎(仮名)くんも朝の4時の静けさが保育器の中を思い出させているのかも知れません。
「生まれる時は僕も苦しくて大変だったんだよ。生まれてからは一人ぼっちで寂しかったんだよ。
お母さんはそのことを分かってくれているのかな?」
という気持ちがあるので不安になっている可能性があります。
ですので、あのときのことを太郎くんにお話してあげて、ママも寂しかったんだよということを伝えることで不安が消えるのではないかと考えます。

ご相談者
柴田さま びっくりしすぎて、取り急ぎのお返事となりますが…早朝泣きのこと、まさしくあるかもしれません!
実は息子の産まれた(お腹を切って出てきた)時刻は、早朝4:32なんです。
そして、羊水や胎便を飲んでしまい呼吸困難になっていたため処置をしてから保育器に入ったのが、だいたいその時間なのです。
柴田さんに言われるまで、このことをすっかり忘れていました。
びっくりです。お昼寝から目覚めた息子にさっそく話しかけます。ありがとうございます。

お問い合わせ